スタッフブログ

ギャラリー

投稿日:2016.06.02 | コメントをどうぞ

 

はじける笑顔の山野幸恵です。

 

 

広島県立美術館 地下1階県民ギャラリーにて

 

お客様からのお誘いをうけ、5月末に第64回「光陽展」へ行ってきました。

 

マルコシ・相談役の木原伸雄、岡元と一緒に目の保養へ・・・。

 

 

DSC00963

 

絵画のことは詳しくありませんが、作品から訴えかける迫力や繊細な色使い、

 

構図など一つ一つ作者の個性も出ているので、観て楽しむ時間はあっという間です。

 

DSC00964

 

また、その世界に引き込まれていると、

とても穏やかな気持ちでいられるのが私の大好きな理由です。

 

今回は3回目だったのですが、毎回ユニークな作品があり

「なぜ、この題材に?」と考えながら観る時間も楽しいですね。

 

誘っていただいたお客様も腕はプロ級。

 

光と影を得意とされる作品は今回も大迫力。

 

夏には、兄弟展をされるとのこと。

 

今から楽しみで仕方ありません!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です