スタッフブログ

生涯学習:現地講座の日

投稿日:2015.03.12 | コメントをどうぞ

今日も風に吹かれて dog 岡元美紀恵です。

毎月第二水曜日は「見直そう、親しもう・日本の言葉」について講師・入川様担当です。

春と秋に古き言葉を訪ねての現地講座を開催します。

 

今回は不動院と二葉の里続編です。

 

不動院

①DSC00515

①DSC00524

 

国宝、金堂の建築様式は入母屋造り、一重裳階(いちじゅうもこし)付、

屋根は杮葺(こけらぶき)杮は檜または椹(さわら)の削り板。

 

 國前寺

DSC00534

DSC00533

本堂は二重屋根の寄棟造り、庫裏は錣(しころ)屋根の切妻造り。

外壁は耐火の目的で白く塗籠(ぬりごめ)。

 

言葉の説明を聞きながら見ると、思いもよらない魅力が隠れていて、強く心を惹かれます。

 

 

はがきの木(タラヨウ )

葉の裏に文字が書けるので、現代のはがき{葉書}の語源になったとか。

毎日はがきを書くので、嬉しい出会いです。

④DSC00526

④DSC00528

満開の梅の花。

③DSC00538

③DSC00519

出番を待つモクレン。

③DSC00517

心とからだに滋養がたっぷりな時間を過ごしました。

⑤DSC00542

⑤DSC00543

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です