スタッフブログ

生涯学習・「日本のことば」

投稿日:2018.04.16 | コメントをどうぞ

 

今日も風に吹かれて 😛   岡元美紀恵です。

 

 

 

現地講座:黄金山界隈を訪ねました。

 

 

黄金山は標高221.7m、広島湾に浮かぶ島の一つで「仁保島」と呼ばれていた。

 

毛利時代には「仁保城」があった、現在は本丸跡と二の丸の石垣が残っていました。

 

黄金山は昭和30年頃からテレビ等の建設に伴い、自動車登山道が作られました。

 

現在は自然公園「黄金山緑地」として整備され、絶景をみることができました。

 

 

 

邇保姫神社も新築されて見事な姿になっていました。

 

 

珍しい「橘」の木を発見、年中白い花が咲いているそうです。

 

 

昼食後は「半べえ庭園」を散策し、森林浴を楽しみました。

 

 

 

およそ、40年ぶり、すべてがきれいに整備されていて、驚きました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です