地域清掃

公園清掃リポート ~午前7時の真夏日~ 2011年7月16日

午前7時の真夏日

公園清掃リポート ~午前7時の真夏日~

梅雨明けと入れ違いに連日の猛暑日、真夏日、熱帯夜の連続。福島第一原発の事故により電力事情が厳しくなったのに、天はさらに試練を人間に課している。 「地域を美しくする会」のトイレ磨き活動は、平成11年のJR駅からスタートして13年目に入った。だが、午前7時に31℃の暑さは始めての経験。これか らの盛夏が思いやられる。

 

本日は三島清一さん、田畑栄造さん、東田光夫さん、それにマルコシの社長、江原さん、金本さん、大久保さん、佐々木さん、研修生の光田さんの参加で、10 名がトイレ磨きと周辺清掃にほんまもんの汗を流した。経験の浅い光田さんはベテランの三島さんの指導を受けながら小便器磨きに取り組んだ。約1時間、親子 のような会話が聞こえていた。

 

トイレ磨きの経験は誰よりも積んでいると自負しているが、公衆トイレの汚れは半端ではない。地域にはいろいろな人が暮らしている。高齢化の進行と同時に ペットも増えている。公衆トイレはペットとの共用になるのも、世の中の新しい流れかもしれない。しかし、きれいに超したことはない。きれいが当たり前の世 の中でありたい。

掃除の朝礼も終礼も、日影の一列になる。真夏日ならではの光景。

 

vv公園清掃リポート ~午前7時の真夏日~