早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~台風の後始末~ 2011年7月21日

 台風の後始末

早朝清掃リポート ~台風の後始末~

昨日の水曜日は「通学路清掃の日」なので、バス停の台風後始末が一日遅れになる。たくさんの小枝や落ち葉、それにいろいろなゴミの吹き溜まりがすごかっ た。全員がいつもより早く出動しやっといつものきれいなバス停、歩道が蘇った。自転車なども倒れたままだが、一人くらいは起す人がいてもいいのに…とつい 愚痴が出る。

 

ゴーヤのエコカーテンは風による摩擦で多くが黒く変色している。水と液肥をしっかり施したので、少しの日差しで蘇ってくれると思う。ヒマワリをプランター から花壇へ移植した。「ひまわり里親プロジェクト」の趣旨に添って、たくさんのタネが収穫できるよう育てていきたい。キュウリは結局、病気ではなかった。 舗装道路の蓄熱の影響だった。

 

プランターに土を入れ、水を撒き、肥料を施しても、周辺のアスファルトが熱いトタン屋根では、野菜たちもがんばれない。人間はいろいろなところで自然を破 壊していることがよく分かる。ゴーヤは一株に100個生るといわれるが、いまのところ8株で10個しか形になっていない。これから賑わしてくれるか、しっ かり愛を注ぎながら待つ。

 

早朝清掃リポート ~台風の後始末~