地域清掃

公園清掃リポート ~桜から藤へ~ 2013年4月27日

 桜から藤へ

晴天の朝は冷気を心地よく受け止めることが出来ます。今朝の気温は13℃なが ら、頬を撫でる風は初夏。気持ちよくひんやりします。本日の参加者は三島さん、田畑さん、椋田さん、平見さん、東田さん、それに社長、江原部長、新人の河 野くん、私の9名です。相談役は東京出張だから、この時間は品川駅付近でゴミを拾っていることでしょう。

 

公園清掃リポート ~桜から藤へ~

 

公園内のゴミは一ヶ所に集められ、設置されてあるゴミ箱は満杯でした。少しでも公共の場所はきれいにという善意は嬉しいですね。桜のシーズンが終わり、 葉っぱや花弁がうず高く積もっていました。公園は上下の二面ありますが、隅々まで掃くことが出来、振り返ってみるとホウキの目が美しく、自己満足ながら達 成感があります。ゴミは自宅に。

 

公園清掃リポート ~桜から藤へ~

 

上側の公園には藤棚がありますが、花の房が朝日に映えて藤色に輝いていました。ここでも主役は春の桜から、初夏の藤へ主役が交代しました。政治や経済とは 関係なく、太古の昔から自然はありのままの季節の移り変わりを伝えてくれます。とかく花の話題は桜を中心に北へと移りますが、いくらでも季節は美しい季節 を伝えてくれます。

 

公園清掃リポート ~桜から藤へ~

 

次回は6月下旬のローテーションですが、自然は新しいプレゼントを提供してくれるでしょう。(金本和宏記)