地域清掃

通学路清掃リポート ~きれい、きれい~ 2014年1月29日

 きれい、きれい

昨日より少し暖かく感じるが、気温は低温の朝は1℃と低い。しかし、零下の後の1℃にはさほど寒さを感じないから不思議だ。人間はすぐ環境に馴染む生き物 のようだ。本日の通学路清掃はきれいなところばかり。ゴミを捨てる人がいないのか、学校の誰かが毎日掃除しいてるのか、もしかして工事現場の人たちが掃除 の面積を広げているのか。

 

通学路清掃リポート ~きれい、きれい~ 

 

裏門の近くの横断歩道で子どもたちに声をかけていた見守り隊のおじさんを見なくなった。呪文のようなリズムで子どもたちに語りかけていた。温かい雰囲気を 持っていた人だったが、もしかしたら高齢で引退したのかもしれない。朝の学校周辺は大人がいっぱいいて声を掛け合う光景が似合う。子どもたちのあいさつの リズムも変わってくる。

 

通学路清掃リポート ~きれい、きれい~ 

 

通学路はきれいではあったが、その分だけ掃除は丹念に進めた。やっと芽を吹き出したばかりの雑草も容赦なく掘り取った。しばらくは雑草も頭をもたげない。 きれいを維持できる所以である。きれいではあるがたくさんの先生が掃除をしている学校に比べると静か過ぎる。子どもたちのあいさつがおとなしい。あいさつ を返さない子どもも多い。

 

通学路清掃リポート ~きれい、きれい~ 

 

前川さんの『朝一番!』。「日の出の前から鳥は鳴き始める。自然界の活動は早い。清新な朝の空気を胸いっぱいに吸い込もう。体中に元気が漲る。一日がリズ ムよく進む。要所に気づき、仕事が片付く。一日を悠々と締め括り、安らかな眠りに就く。心身は自ずと健康になる。今日もよい一日でありますように。前川静 夫」

 

通学路清掃リポート ~きれい、きれい~