早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~珍しい氷柱~ 2014年12月18日

珍しい氷柱

大雪注意報が出ていたものの積雪はさしたることはなかったが、気温が一気にマイナスに下がった。そのため路面はまるでアイスバーン状態、車の渋滞が続いていた。通勤者や学生たちも足元に注意しながら、怖々と歩いていた。残念なことに雪よけスコップが盗まれた。昨夜いつものように陸橋の下に準備しておいたが、いざ作業というとき姿が見えない。

 

2014.12.18soutyou1

 

心無い人の仕打ちは残念だ。どこかで誰かの役に立っていれば救われるのだが。社屋の軒先に珍しく「つらら」が下がっていた。30㌢ほどの短いものだが、珍しい現象だ。それだけ-2℃は厳しいということだろう。手配ミスで凍結防止剤がゼロになった。低温の雪よけには必需品だが残念。結局、階段、陸橋、バス停など金属スコップの世話になる。

 

2014.12.18soutyou2

 

道路が凍結し渋滞するのを見越して江原、金本、山田、岡元大須加の5名はいつもと同じように出勤し、バス停などの雪よけに汗を流してくれた。ありがたく思っている。通勤者や学生らからねぎらいの声がかかる。午前5時半から8時10分までフル回転。隣の巻き寿司屋さんの前も雪除けをさせてもらった。昨日、巻き寿司のプレゼントがあった。

 

2014.12.18soutyou3

 

■本日の五七五
 「連日の 雪よけ作業 きしむ腰」