早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~雑草威張る~ 2014年7月11日

雑草威張る

今日の気温は32℃まで上がるそうだ。これで湿度が90%だからたまらない。本日は週末のトヨタコースをゴミ拾い。数か月ぶりに車道の側溝が隅々まで見えるから小さなゴミを拾いやすい。折り返し点まで2,000歩ほどだが、時間も短縮できて苦にならない。ところが、横断歩道を渡りながら左右の中央分離帯を見ると見事な雑草並木で実に見苦しい。

中央分離帯が土の処は刈り取ってあるが、縁石の車道側(写真①)はそのまま放置。陰にはゴミもたまっている。雑草を除去するのは町を美しくする手段であり目的ではない。誰が取り残された雑草を処理するのか。もうひとつ面白いことに気が付いた。中央分離帯がコンクリートで覆われている部分は放置(写真②)。この処置も不可解。誰が後始末をする?

2014.7.11soutyou  (4)

2014.7.11soutyou  (3)

緑地帯の雑草がきれいに処理(写真③)されていたが、2日前に植栽の周辺の雑草が抜かればかりだ。なぜ2度も手間を掛けるのか。歩道脇の雑草(写真④)もそのまま。細かい規則があれば取っ払えばいい。二度も三度も手間を掛ける仕事ではない。発注者はきちんと管理責任を果たしてもらいたいものだ。こんな状態ではどれだけが税金の無駄遣いがある?

2014.7.11soutyou  (2)

2014.7.11soutyou  (1)

年金生活者だから税金の無駄遣い! などと大口は叩けないが、何とも納得のいかない仕打ちの多いことか。

■本日の五七五
「道端で 雑草威張り 嘲笑う」

2014.7.11soutyou  (10