地域清掃

通学路清掃リポート ~校長先生は朝が早い~ 2014年7月16

校長先生は朝が早い

相変わらず蒸し暑い。愚痴をこぼしてもなんとかなるものではないが、つい口から飛び出す。見守り隊の一人が「今日は蒸し暑いですね」のあいさつ。「今日も ですね」と返す。今週いっぱいは梅雨前線が停滞するという。いい加減にしてもらいたい。それなのに校長先生は元気いっぱい。朝が早い。私たちが到着したと きは校門付近を終えて通学路へ。

 

通学路清掃リポート ~校長先生は朝が早い~

 

企業の場合はたいていトップに準ずるが、学校は違うようだ。校長先生が早く登校しても己の権利を頑固に守る先生は少なくない。ゆっくり登校する。掃除を始 めたときはすでに心遣いの冷たい飲み物を用意していただいている。感謝。校長先生が早いと子どもたちの登校も早い。校長先生の「おはよう」の声が大きいと 子どもたちのあいさつも元気だ。

 

通学路清掃リポート ~校長先生は朝が早い~

 

最近は見守り隊の人数が極端に増えている。にぎやかな朝のひとときが地域に訪れる。限られた時間内の通学路清掃だから、リーダーの事前調査と的確な指示は 欠かせない。掃除は箒で掃くだけではない。限りなく周辺が美しくならねばならない。石垣のあるところ、大きな排水溝のあるところ、植栽のあるところ、場所 に合った無駄のない動きが求められる。

 

通学路清掃リポート ~校長先生は朝が早い~

 

「きれいにしていただいてありがとうございます」の感謝のことばを背にして帰社する。達成感が味わえてうれしい。

 

■本日の五七五

「通学路 かずらのぞきに 背を伸ばし」