早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~突然の豪雨~ 2014年7月27日

突然の豪雨

明け方になって雲が下がってきたからおかしいと思っていたら、掃除中に突然の豪雨に見舞われた。まさかと思っていたので雨具の用意もなく、一時休止。せっかく早く出て花壇に水を撒いたのにもったいない。花や野菜は水が命、猛暑の日々だからやり過ぎはないだろう。何とか社屋周辺と歩道を掃き終えた。十分ではないが大義名分は立ちホッとした。

2014.7.27soutyou (1)

朝のうちにアサガオが花開く予定だったが、突然の豪雨に見舞われて一時お休み。街路樹の間に張った針金にアサガオが巻きはじめた。最盛期には目の前をアサガオのラインが横切って道行く人の目を楽しませる。キュウリが終わった。あれほど元気がよかったのは寿命なのか、葉が落ちて茎も茶色に変色した。今年は豊作でキュウリを楽しませてもらった。

2014.7.27soutyou (2)

ナスは背が化け物のように2㍍ほどの高さになったが、なぜか花がわずかしか咲いてくれない。もちろん実は生らない。ピーマンも背が高くなるばかりで花が咲かない。苗に問題があるか、それとも土が悪いのか。諦めていたら小さなナスが1個だけ生っていた。これからどうなるのか興味深々。本日の掃除は不十分ながら終了。本日は所用でためこれで退社。

2014.7.27soutyou (3)

■本日の五七五
「突然の 豪雨に打たれ 花竦む」