早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~? ? ?~ 2014年7月4日

? ? ?

雨が上がったのは良いが、湿度が高く身体が今一つピリッとしない。九州地方の豪雨による被害に比べれば、文句を言っては罰が当たる。惨憺たる映像を見て言葉もない。本日はトヨタコース。豪雨の跡が歩道を乱している。べったりくっついて掃くのも楽ではない。昨日、合羽を着て多くの人が植栽の間の雑草を抜いていた。幾分すっきりした。

ところが傍に行って驚いた。植栽の中の雑草は姿を消しているが、縁石を境に取り残されている。まるで38度線の国境みたい。ついでに抜いたらいいのに…。「あれが役所の仕事だ」と当たり前のように嘆く人もいる。どのような仕組みになっているのか分からないが、町を美しくする仕事としては許されまい。植栽の中のゴミもそのまま…。何が邪魔をする。

2014.7.4soutyou (6)

驚いたのは緑地帯の中の植栽。周りの雑草(30㌢程度)は抜いてあるが、緑地帯は雑草が大威張り。雑草を抜くのは町を美しくする手段に過ぎない。町を美しくする目的が果たせなければ税金の無駄遣いとなる。悪しき慣習であれば改めるべきである。写真をご覧あれ! これが役所の仕事だ! 市民のボランティアはこんな雑な仕事はしない。恥ずかしい。

2014.7.4soutyou (8)

縁石内の雑草を抜く仕事、ゴミを処理する仕事、縁石外の雑草を抜く仕事、植栽の選定をする仕事。一度に出来ると思うが、五回も手を掛ける。税金の無駄遣いにキリがない。

2014.7.4soutyou (1)

■本日の五七五
 「歩道脇 取り残された 草威張り」