地域清掃

公園清掃リポート ~整った美しさ~ 2014年7月5日

整った美しさ

先週に続いて予想通り公園内の植栽は剪定がされ、見事に整っている。まるで別の公園のように見える。奥のテニスコートで弾んでいる姿も絵になる。公園はい つもこのような状態でありたい。掃除朝礼で平見さんが「デザインのいい外観のトイレを見に行った。そとはお洒落だが中は汚れがひどい。人間も同じで着飾っ ても心が汚れていては…」。

 

公園清掃リポート ~整った美しさ~ 

 

トイレは磨けば磨くほどツヤが出てくる。少し怠ればすぐに匂いが付くから油断はできない。磨く人がいて大切に使う人が多ければきれいを維持できる。大腸が んの手術で入院していた東田さんが元気いっぱいに復帰。レギュラーが勢揃いすると賑やかだ。田畑さんもこの公園は三ヶ月ぶりとなる。五週続けて参加した平 井くんは残念ながら姿を見せなかった。

 

公園清掃リポート ~整った美しさ~ 

 

初めて原爆施設の周りの道路を回りゴミ拾いをした。自然のゴミは堆積しているが、人間が捨てたゴミは極めて少ない。残念ながら施設の周囲は荒れている。皇 太子殿下や総理が視察にお超しになると景色は一変する。原爆記念日にでも姿を見せて欲しい。トイレの周辺は小さな雑草まで取り除き、見違えるようにきれい になった。役所に呼応して念を入れる。

 

公園清掃リポート ~整った美しさ~ 

 

花壇のアサガオが大輪の花を咲かせた。紫色が一輪。梅雨明けが近いことを教えてくれる。待望の夏将軍がやってくる。

 

公園清掃リポート ~整った美しさ~ 

 

■「アサガオが 笑顔いっぱい 開きおり」