地域清掃

公園清掃リポート ~利用者の心掛け~ 2015年3月14日

利用者の心掛け

 出勤時の午前4時半ころはまだ雨が残っていたが、公園掃除の始まる7時には完全に上がっており助かった。気温は6℃と暖かい。飲み物をどうしようかと逡巡したが、3月いっぱいはサービスすることにした。三島さんは上京、椋田さんは母親の介護当番で欠席したが、少人数のチームだけに寂しさは隠せない。与えられた条件でベストを尽くす。8名。

 

2015.3.14kouen (1)

 

掃除の準備は金本・大須加コンビとで行うが、大須加さんは掃除用具の準備をする。金本さんは公園の中や周辺をチェックして作業計画や担当箇所を決める。この事前準備がしっかりしていると掃除の効率がよくなる。本日は公園内と植え込みのゴミ拾い担当になった。この公園の利用者はすこぶるマナーが悪い。特に喫煙者は公園を灰皿と錯覚しているようだ。

 

2015.3.14kouen (3)

 

2015.3.14kouen (4)

2015.3.14kouen (5)

 

トイレ磨きが終わって田畑さんと平見さんは周辺の草取りをする。掃除の大切なポイントの一つは「隅々まで行き届くこと」、このささやかな草取りがトイレの建物を引き立たせる。五匹も犬を連れて散歩中の愛犬家から、犬の紹介をしながら早朝清掃の労を労ってくれた。大抵の人は朝が忙しいから無視して通り過ぎる。声が掛かるとやはり嬉しいものだ。

 

2015.3.14kouen (2)

 

■本日の五七五

 「雨上がり 彼岸の太陽 やさしそう」