早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~人影見えず~ 2015年3月8日

人影見えず

日曜日は江原さんとスタートが競争の態。今朝は午前4時の起床ではがきを10通書いて5時半のスタート。江原さんは日曜定刻の5時45分スタート。夜明けには時間が掛かるが街灯を頼らず掃除が可能に。掃除は連日行き届いておりゴミは殆どなし。それでも掃き続けるものだから、最近はゴミが敬遠するようになり、砂粒一つなくほんとうにきれいだ。

 

2015.3.8soutyou (1)

 

一日留守をするだけで烏骨鶏たちは餌箱を空にし、餌を求めて近寄ってくる。めんどりが二羽、おんどりが二羽いるのだが、なぜか卵を生まない。報酬のない世話を続けているが、騒ぐ姿を見るだけで癒しになる。これで実利が伴うと嬉しいのだが生まない? 生めない? その理由が分からない。卵の恩恵には浴せないが、命がある限り世話は怠れない。

 

2015.3.8soutyou (2)

 

掃除の時間が早くなったせいか、愛犬と散歩する人たち、ジョギングやウォーキングをする人たちと出会えなくなった。今朝の気温は6℃、まさに穏やかな春の朝だ。頬を撫でる冷気も心地よく感じる。エントランスの水撒きで掃除は終了し、江原さんは帰宅した。社屋の前を歩くとオーラを感じると褒めてくださるお客様もあるが、清々しい朝のひととき。

 

2015.3.8soutyou (3)

 

■本日の五七五

 「寒波来て 花の東京 毛皮巻く」