社長メッセージ

夢拾い(ゴミ拾い)ウォークへのお誘い

平成25年10月

感謝の思いを伝えます

KOYOをベースに仕事をさせていただいておりますが、地域に対する感謝の思いを忘れたことはありません。長い間ふるさとを舞台にしたイベントにお客さまをご案内し、自然を楽しんでいただきました。残念ながら世話役たちの高齢化にともない、準備が難しくなりました。楽しみにしていただいていたのに申し訳ない思いでいっぱいです。今年はスタイルを変えて本社で新しいイベントを計画しました。ぜひお超しいただきお楽しみ下さい。

ひたすらまちを美しく

地域へご恩返しの思いを込めた清掃活動はまもなく二十年になります。毎日のゴミ拾い、毎週土曜日のJR駅や公園のトイレ磨き、毎週水曜日の通学路清掃、学校の卒業記念トイレ磨きなど、幅広くなり地域の協力者も増えてきました。「自分たちが暮らす町は自分たちで美しく」を合い言葉に続けています。ようやく掃除をする喜びが実感できるようになりました。その輪を少しずつ広げたいと願っております。その思いで新しい企画を進めています。

2013.10 自省自戒1 (1)-thumb-300x225-7919

夢拾いウォークへのお誘い

「ゴミを捨てることは夢を捨て、ゴミを拾うことは夢を拾う」と教えられました。「ひとつ拾えばひとつだけきれいになる」とも教わりました。たとえ短い時間であってもKOYOのまちを「ゴミゼロの町」にしたい願っております。秋晴れのひととき、ゴミ袋を手にして「夢拾いウォーク」を体験してはいかがでしょうか。快い汗を流したあとは、社員がひねりにひねった感謝の企画をお楽しみください。「春のオレンジフェスタ」とはひとあじ違う「秋のイベント」にご期待ください。まちを美しくと願う多くのみなさんの参加をお待ちしています。

2013.10 自省自戒1 (2)-thumb-300x225-7922