生涯学習・プラスワンステージ

第18期「生涯学習・日本のことば」① ~平成28年3月9日(水)~

「日本のことば」①

講座の設備が少しずつ変わっています。まずスクリーンが大型で新しくなりました。変化は新鮮に感じます。本日は宮川さんがお休みで「博学」と「ユーモア」が飛んでこないのは寂しい思いがします。「日本のことば講座」はメンバーが女性中心で賑やかです。入川講師の分かりやすいテキストには慣れましたが、それにもかかわらず新鮮です。笑顔も新鮮です。

 

20016.3.9irikawa (1)

 

 

本日のお勉強は、①扁・旁の話、②語源を訪ねて、③勘違い言葉、④お金の話、⑤江戸時代の街道、⑥反対語。盛り沢山ですがベテランの入川さんに淀みはありません。

 

 ①扁・旁の話「田」扁。耕作地のカタチをしているので田んぼに関する文字がたくさんあります。畳語の解説もありました。木々、様々など複数を表すことばで正解は米沢さん。

 

 ②語源を訪ねて「呂律が回らない」 「声明」-お経を棒読みではなく独特の節をつけて唱える宗教音楽で日本のあらゆる音楽の語源と言われます。

 

 ③勘違い言葉「書き間違いはありませんか」悪態、相身互いなど分かっている積りでも迷ってしまいます。

 

 ④お金の話「現代」 貨幣紙幣のうち貨幣の製造は広島だけ。全てのお金は日本の象徴が描かれていますが、一円玉は公募だそうです

 

 ⑤江戸時代の街道。現代の高速道は江戸時代の山陽道と同じところを通っており選択眼のすごさが伺えます。

 

 ⑥=略。次回は四月で気候かよくなるので屋外授業が予定されています。行く先は可部街道です。楽しみにしてください。

 

20016.3.9irikawa (2)