生涯学習・プラスワンステージ

第15期「生涯学習・古代への道」⑤ ~平成26年12月17日(水)

「古代への道」⑤

12月にしては珍しい大雪の一日になりました。広島、金沢、新潟、札幌の気温が、最高3℃、最低-1℃と同じなのは珍しいことです。高知も-1℃でした。異常な日本列島の天候です。本日は小山講師担当の生涯学習『古代への道』の開講日です。果たして講座が開催できるのか、心配しておりました。いつもと同じように準備は整えていました。

 

2014.12.17koyama1

 

受講生の皆さんからの問い合わせはゼロ。小山講師は何事もなかったように元気いっぱい、受講生の皆さんも当たり前の顔で研修室に。不思議な光景を見るようでした。晴れの日と同じようにスタート。少々感動しながら開講のごあいさつをさせていただきました。何が熟年の皆さんを動かしているのか、不思議な思いがしております。雪景色はまるで無関係。

 

2014.12.17koyama2

 

小山講師は定年退職から10年、ひたすら古事記に魅せられ研究三昧の日々。一ヶ月の研究の成果を生涯学習講座の90分で披露するのですから時間が足りないでしょうね。毎回延長戦になります。受講生の皆さんも熱心に講義を聴き、質問もたくさん出ます。お互いのやりとりはいつも熱いものがあります。辞書などのことばの解説が正しいのかどうか。

 

2014.12.17koyama3

 

本日は「神」についての薀蓄。神の真実とは何か?「か」は上であり、「み」は人体(身)・物(実・山)などの実体物を表す語である。ここから実証が始まり、なんとなく納得させられます。テキストは15ページに及びます。なかなかリポートしきれませんが、理解するには自分で確かめるのが一番です。難しいけど楽しい時間です。ぜひどうぞ。(岡元美紀恵)

 

2014.12.17koyama4