生涯学習・プラスワンステージ

第19期「生涯学習・広島学」③  ~平成28年12月28日(水)

「生涯学習・広島学」③

岡元美紀恵記

半田講師の講座に取り組む姿勢は驚嘆に値します。40分も前に教室へ入り、映像の再確認に余念がありません。ご挨拶で「今年も生涯学習のオオトリを務めさせていただき感謝でいっぱいです」。しかし、暮れも28日になると都合の悪い方も多く欠席が増えます。寂しいから来年は1週早く20日に計画しています。早速身近な1ヶ月のニュースをご紹介。

 

2016-12-28handa-2

 

最近は雀の群を見なくなりましたが、半田講師宅の庭の植木には20数匹も丸い頭を並べています。可愛いですね。今年の漢字は「金」。清水寺の森正範貫主は達筆で堂々と書かれました。何故「金」なの? オリンピックの「金」メダルの数かな? 今朝のホカホカのニュースは真珠湾で最後の会談をした安倍首相とオバマ大統領の姿、平和公園の仲睦まじさが。

 

2016-12-28handa-3

 

国宝級の焼き物「曜変天目茶碗」。2500万円とか。などなど40以上もの情報が続々…。本題は「さくら隊の8月6日、広島で被爆して散った若き新劇人たちの物語。さくら隊の前身は1942年に誕生した苦楽座。日本移動演劇連盟に組み込まれ、地方の慰問活動をメインとする。映像で詳しく拝見しました。半田講師の映像まとめは素晴らしいですね。

 

2016-12-28handa-1

 

劇団の地方疎開に際し、広島に15人が疎開。そのうち9人原爆で亡くなりました。前途ある若い人が残念ですね。広島にも東京にも慰霊碑があります。先月の講座で呉を学びましたが、日本一の軍港や戦艦「大和」を学びたいというメンバーが多く、1月講座は呉の現地講座に決まりました。墓地にはたくさんの戦士が眠り、戦陣に散った人達に手を合わせます。