生涯学習・プラスワンステージ

第20期「生涯学習・広島学」②廿日市市・カルビー工場見学と寺社巡り  ~平成29年5月24日(水)

「生涯学習・広島学」②廿日市市・カルビー工場見学と寺社巡り

岡元美紀恵記

「昔、人は歩いていました。今も人は歩き続けています。歩いてみよう! はつかいち!!」。廿日市地域のウォーキングのしおりの表紙に高齢者が目指す日々のキャッチコピーが書いてあります。廿日市市には七つのウォーキングコースが設定され、それぞれ4時間程度で観光できます。本日の半田講座「広島学」は広島名菓「カルビー広島工場」見学をしました。

 

 

 

本日は幸い「曇り時々雨」の穏やかな天候で助かりました。元気そうに見えても熟年は猛暑が苦手です。参加メンバーは男女10名。スナック界のロングセラー「やめられない止まらない、カルビーのかっぱえびせん」誰もがよく知っているCMソングです。かっぱえびせんは誕生して53歳になりました。徹底した衛生管理と品質管理の工場を見学しました。

 

 

 

 

 

出来立てでまだ温かい「えびせん」を試食、若い頃よく食べていました。いろいろなことを思い出しながら感傷的になりました。記念撮影を済ませた後、歴史の町「廿日市の地御前コース」をボランテイァガイドさんの案内で2時間ほど歩きました。最初は宮島の「管弦祭」で有名な地御前神社です。神社紋は厳島神社と同じ「花剣菱」です。

 

 

地御前神社

 

花剣菱

 

続いて西向寺、正行寺、釈迦堂を巡りました。西向寺には樹齢300年を超える蓮華松の姿の良さに見惚れました。正行寺には広島に三本しかない菩提樹があり、姿の良さに感動しました。どの神社仏閣も手入れが行き届いており、見応え十分でした。半田講師は事前にすべてチェックし、皆さんに無駄のない時間を過ごしていただくよう準備万端でした。感謝!

 

釈迦堂

 

西向寺

 

菩提樹