大西由貴のおもてなし

大西由貴のもてなし③「便所のはなし」 平成25年12月3日

③「便所のはなし」

前回に続いて今回も参加者が少ない。水先案内人が不調法だから参加が減るのかもしれない。第1回は何とか合格点の6名だったが、3回継続は1名のみ。第1回から5人が消え、第2回から2人が消えた。これでは目的の一つである新しい交流による活性化は望めない。講座を進める担当者の取り組みに問題もあろうが、進め方はさらに考えたい。

 

2013.12.3oonisi (2)

 

今回は前回に懲りて出来うる限り話題を振って話してもらうことに心掛けた。テーマが便所ということもあるが、割合積極的な発言が多くリズムに乗った。参加者の旅行経験から各国の便所事情が語られた。改めて日本の便所が群を抜いて世界一だと認識してもらえただろう。同時に日本を中心に世界を語る矛盾にも気付かれたのではないか。

 

 

岡元さんが誘ってくれた竹本さんは流石に慣れているだけに語り口もいいし、ポイントを掴んでいる。全体の雰囲気をリードしてくれた。3回継続のAさんは講座のながれに乗ってきた。新しいBさんは掃除活動のことを知っておられ、「夢拾いウォーク」にも参加された。Cさんは独り身になったばかりだが、元気印の人で覚醒が始まったらしい。

 

2013.12.3oonisi (1)

 

感想発表を求めたところで新Bさんは商売の気配がないことに驚いていた。ここでは参加費500円が効いている。新Cさんは古いトイレが気になってきた。リフォームを考えたいとのお話。狙っている訳ではないが、そうであれば願ったり叶ったりの成果になる。いずれにしても定員維持が成功の前提になる。次回まで1ヶ月ある。検討を期待。