日々雑感~デイリーメッセージ~

平成25年12月29日(No6219)   徒歩通勤365日

徒歩通勤365日

平成23年5月15日から徒歩通勤をしているが、虚仮の一年で休まず続けている。もちろん「例外なし」。2泊3日の出張の時は仕方がないが、1泊2日なら障りはない。1日目は出かける前の早朝に、2日目は帰ってから深夜に会社に出ればこと足りる。2泊3日の真ん中の日は仕方がない。不可抗力の例外となる。徒歩通勤を始めて今日まで2年7ヵ月。

 

1年目は5月からだから225日休みなし。2年目は365日休みなし。3年目の今年は11月30日が2泊3日の真ん中で1日だけお休で364日の予定。片道2200歩だから往復で4400になる。それ以外にゴミ拾いや公園掃除があるから、少し頑張れば1日1万歩に届く。10月29日に万歩計の累計が1千万歩を記録した。1日平均1万1千歩になる。

 

徒歩通勤の目的は老いた足腰を若返らせることにある。その目的は中国山脈横断100㌔ウォークの完歩にある。無理と言われれば逆らいたくなるのが老人の性。1年半ほど続けた頃から足の脛に筋肉がつき始めた。後ろから筋肉がつき始め、次に横につき始めた。続いて前に盛り上がる。20年は若返った。つれて腿まで大きくなり始めた。遂に老いがストップ。

 

一年目の参加では18㌔を4時間半、2年目は38㌔を9時間、3年目の今年は50㌔を13時間、しかも余裕があった。ここまで来ればしめたもの。詳細に記録をとってシュミレーションしたが、100㌔を28時間で歩ける計算になる。若い人は17時間で完歩しているが、そこまで高望みはしていない。来年の6月7~8日の大会で完歩する決意をした。

 

タイトルは「喜寿記念100㌔ウォーク完歩」。徒歩通勤の継続が陽の目を見ることになる。どんなことでも続ければ必ず成果が得られる。それにちょっぴり欲があればこと足りる。