日々雑感~デイリーメッセージ~

平成25年4月26日(No5972)   マツダの復活

マツダの復活

長い間低迷していたマツダが5年ぶりの黒字転換を果たし、長期低迷を脱出したと いう嬉しいニュースが届いた。08年のリーマンショックによる超円高による採算悪化とフォードとの資本提携の解消で存亡の危機に立たされていた。相次ぐ経営課題を跳ね返すきっかけとなったのは、マツダ独自の低燃費化技術「スカイアクティブ」を全面採用した決断による。

 

もともとマツダはロータリーエンジンで代表されるように図抜けた技術力を持っている。スカイアクティブを採用したスポーツ用多目的車「CX-5」が大ヒットした。低燃費化、変速機の工夫、車体軽量化などの独自の技術を総動員した結果による。軽油1㍑当たり18,6kmの高い燃費製を実現し、CX-5の累計販売台数は、計画の4倍近い4万6千台にも。

 

CX-5は商品力だけでなく生産効率化による利益面の貢献が大きい。「1㌦=77円」でも利益の出る体質となっている。更にアベノミクスによる円安効果が、追い風になって経営危機を脱出した。広島市のような地方都市では、マツダの復活劇が地域経済に与える影響は極めて大きい。マツダ城下町と言われるほど、マツダの業績に暮らしが左右され続けている。

 

雇用が安定し、分配が拡大すれば、間違いなく消費に回り景気を刺激する。夢のような話だが2016年3月期に同モデルを8車種に増やし、世界販売台数を36%増の170万台に、営業利益は3,3倍の1500億円を目指すと言う。マツダは国内の生産比率が大手8社の中でもっとも高く、超円高は大きな損失に つながった。円安はそのリスクを帳消しにし、技術開発が大きな利益をもたらす。マツダ様々の広島にはありがたいアベノミクス効果である。早くこちらにも回って欲しい。