日々雑感~デイリーメッセージ~

平成26年12月5日(No6560)   「フォーラム新聞」171号

「フォーラム新聞」171号

フォーラム新聞はタブロイド版6㌻の季刊発行であるが、最近になって発行の遅れが目立つようになった。この種の新聞をつくるのに適切な所要時間は分からないが、最初のころはプロにすべての制作を委ねていた。出来上がりはいいのだが、どことなく違和感を覚えるようになった。仕上がりはいいのだが、意図がお客様(読者)に伝わらないもどかしさを感じる。

 

あれこれいちゃもんをつけていたら「それならご自分でどうぞ」と見捨てられてしまった。1㌻が6000字、全体では36000字に及ぶ。構成、取材、原稿、割付などアマチュアにできる仕事ではない。プロの仕事に満足できなければ自分でやるしかない。書く事が嫌ではなかったが、他人様に読んでいただくとなれば話は別だ。読んでもらってこそ価値だ。

 

これだけのボリュームの情報紙をアマチュアが自前で、しかも片手間で発行できる零細企業はない。一人でも多くの読者を獲得し、企業の姿勢に共感してもらい、究極は販売に結びつかなければ道楽の無駄遣いでしかない。幸いにして会社の活動と一体化できるようになり、販売することを表に出さなくても紙面の体裁が保てるようになったと自負している。

 

幸いにして優秀なアシスタントに恵まれた。プロではないが新聞づくりを重ねるうちに育ったのである。広告原稿の作成、原稿の校正、印刷屋との折衝、配布の段取りなど、表からは見えない仕事を完璧にやってもらえる。すべてが一体化してこそ出来る仕事だ。もうすぐ八十路に差し掛かる。いつまで出来るかわからないが、後継者が育つ環境にはない。