現場巡回リポート

豪雨で休工が相次ぐ  ~平成26年7月3日(木)~

豪雨で休工が相次ぐ

昨夜から梅雨前線が西日本に居座り、豪雨をもたらしている。特に長崎から北九州にかけては、所によって国道まで水浸しになり甚大な被害をもたらしている。明日も続くらしい。その余波を受けて広島地方も、相当量の雨が仕事の邪魔をしている。外部関連のリフォーム工事はやむを得ず休工となる。そのため本日の巡回先は少ない。雨中の出発。

 

2014.7.3genba (2)

 

市内の東区に出掛ける。大掛かりな全面リフォームであるが、築後30年で劣化がひどく慎重なチェックが必要である。特に基礎は大切であり、すべてに補強工事をした。資産価値を高めるためにも、疎かにはできない。構造部部はすべて見えるように表面を撤去し、入念に補強計画を立てている。現在は解体工事を終え、基礎工事の養生期間ある。

 

2014.7.3genba (1)

 

大型の店舗兼用住宅のリフォームは、目鼻がついてようやく完工が見えてきた。キッチン、トイレ、空調、寝室、浴室などは完了し、生活に支障はない。現在は大工さんが店舗部分を施工中である。天井高が3メートルもあり施工に手間が掛かる。大工さんも一苦労だが頑張って欲しい。近所のみなさんにはご不自由を掛けているが、もうしばらくご辛抱を。

 

2014.7.3genba (4)

 

増築工事の現場は幸運にも昨日解体工事を終えた。本日には障りがない。その他小工事の現場。本日はごあいさつしたいお客様にお目に掛かれず残念だった。着工から3週間にもなるのにごあいさつができていない。現場の雨漏りはなかったが、出来るだけ雨は御免蒙りたい。車の中で巡回カードを書いてポストイン。何となく物足りない巡回の1日だった。

 

2014.7.3genba (3)