日々雑感~デイリーメッセージ~

平成27年3月12日(№6657)  大言壮語の効用

大言壮語の効用

№6656で78歳の大言壮語をした。公言した以上は実践で裏付けをする必要がある。誕生日以後、一週間の行動で検証したい。3月1日は島根県太鼓谷稲荷神社に参拝した。雪に邪魔されながら、ともかく往復300キロのドライブをした。早朝清掃、fax通信、はがき書きなど何一つ手抜きはしていない。睡眠時間はいつものように4時間で支障がなくなった。

 

一日おいて3月3日、午前2時起床で出勤しなすべきことを終え3時、徳島掃除に学ぶ会に参加した。かねて代表の鍛谷さんと約束をしていた。片道4時間、往復550キロのドライブである。掃除には積極的に参加し、恥をかかない程度には務めた。午後2時徳島を出発し、休憩をしながら8時に帰社し仕事を終え11時に帰宅した。実働21時間になる。

 

3月4日、はがきを24通書き終えて午前5時に出勤、通常業務をこなした。3月5日、社長不在のため単独で現場巡回をこなし、夜は第一回の「人間塾」をスタートした。3月6日上京し、ジャパニストの高久多美男さんと打ち合わせ。翌3月7日、川崎で「万縁の会」の幹事会と総会に参加。何とか全てのスケジュールをこなし、午後11時帰広、出勤した。

 

一週間の実働が136時間、睡眠時間が24時間。休憩はしていない。ブログ16本アップ、はがきはやや少なく144通。続いて3月8日の日曜日は午前5時出勤、午後6時までひたすら書き続けた。食事は一日一食。慣れている妻は何も言わないが内心では心配しているに違いない。理由はよく分からないが疲れない。なぜそうなのかは自分でも理解できない。

 

3月1日の「公言」に加え、「日々完結」「例外なし」の信条が完全に習慣化したお陰だと理解している。まだ大丈夫だ。