日々雑感~デイリーメッセージ~

平成27年3月27日(№6672)  無限資産

無限資産

隣の区の全国ネットを持っているリフォーム会社が、商圏内に初めて外装リフォームで看板を上げた。安売りのチラシをばら撒いて商売の邪魔をしてくれる。安ければなんでもいいというお客が大半だが、価格以外に価値を感じる上客も少なからずいる。みんながチラシに煽られる商売をすれば商道は地に落ちる。まっとうな商いでお客様を大切にしたいものだ。

 

価格以外の企業の価値とは何か。まっとうな商いを成り立たせるわが社の「無限資産」とはを、社員に問うて見た。一つしか上げられない社員、すらすらとベストテンをピックアップできる社員といろいろだが、ある程度の理解は進んでいるようだ。ただ商いにどう活かすかというところまでは届かないが、これから秘策を学び合いながら成果を得たいものだ。

 

少なくとも「無限資産」というからには他社にないもの、あるいははるかに優れているものという前提が必要だ。全員が共通して上げたのは、①掃除活動の歴史、②講座活動、③フォーラム新聞、④竹の子学園、⑤創業50年、⑥はがき文化、⑦誕生日カード。他に人財、施工組織、三大イベントなどが上げられたが、他社よりはるかに優れているとは言い難い。

 

問題は「無限資産」が商いにどのように生かされているかである。これだけの膨大な資産が商いに生かしきれていないのは問題だ。活かし方について伝え方が不十分であったと反省している。また知っている程度のレベルであることも課題として残る。せっかくの資産だから存分に活かせるシステムを構築し、活用できる経営環境を作ることが急務となる。

 

入口に立ち、つま先を揃えれば、他社を圧倒する戦略・戦術が生まれる。やがては営業戦略会議でも活用できると信じる。