日々雑感~デイリーメッセージ~

平成27年3月9日(№6654)  中田宏・再び翔ぶ

中田宏・再び翔ぶ

昨年の総選挙で当選間違いなしと思われた中田宏さんは、新しい選挙区で有権者から拒絶された。初めての経験であるが選挙活動に弊社の社長を18日間、専務の主人を10日間、万縁の会・佐々木呉市部長は14日間、益田支部長の町原さんは子息を10日間、Мランドの小河さんは社員3名を車と一緒に派遣。他にも多くの会員諸氏が応援に東奔西走した。

 

悔しいが負けは負けとして素直に受け入れ、一日も早く次の目標に向かって走らねばならない。応援したものは肩を落としたが、一番悔しいのは中田さん自身であろう。敗因は色々と語られるが、冷静な分析をしても愚痴でしかない。どうやって次のステップに進むか、それはご本人の覚悟でしかない。ともかく無収入になった。それをどう支えるかが課題だ。

 

中田宏さんが政治家である限り無条件で支えるのが万縁の会の役割であり、創設者である鍵山秀三郎さんの切なる願いである。個人の浄財で信ずる人の政治活動を支え続ける、このシステムは原点の通りである。限られた枠の中で活動を展開し、かつ成果を上げるのが役割だ。人の心は弱い。なにかの拍子に折れそうになる。そうはさせじと頑張らねばならない。

 

第18回の総会が選挙区の中田宏事務所で開かれた。思いがけず多くの支援者が集まってくださった。中田さんも元気な姿を見せてくれた。政治家と支援者というよりも、一体化した同志の集まりという雰囲気だ。会員増強が喫緊のテーマであるが、このメンバーと一緒なら結束は一層強固になれるだろう。中田さんが心置きなく活動できる環境を構築したい。

 

万縁の会・総会は盛り上がった。寒風に晒されながら同志の皆さんを見送り、固い握手を交わした。新しい日が始まる。