日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年3月19日(№6959) ライバルが撤退

ライバルが撤退

つい数年前近所にオープンした「水回りリフォーム専門店」に変化があった。昨日チラッと前を通っただけだが、店の中がガランとしている。たくさん並んでいた商品も見えないし、人の動きもない。改装するのかもしれないが、それほど傷みがあるようには見えない。親会社がしっかりしているから、引き上げに躊躇はないのであろう。それにしても厳しい。

 

安倍さんは陽気な顔をしているが日銀のマイナス金利政策もアベノミクス第3弾も不発のようだ。参院選の前に消費税の値上げは再延期のニュースが流れるようになった。大手企業は3年連続のベースアップで鼻息は荒いが、何となく他所の国の出来事のように感じる。選挙に勝たないと安倍政権は足腰が弱くなり、日本の政治が脆弱になる。世界より先に沈む。

 

暑さ寒さも彼岸までという言い伝え通り、やっと暖かくなり春が実感出る季節になった。もう気温が一ケタになることはないとお天気姉さんのご託宣。これからは行楽にも最適な季節だが、休日を楽しめる余裕が中小企業にあるのかどうか。わが社に対する地域の引き合いは大きく落ちたように感じられる。私の病気のせいではない。これは全体の流れなのだ。

 

今月で期の前半は終わるが、後半に盛り返す雰囲気が見られない。前半の不振は後半で取り返す、そして期末で帳尻を合わせる。もう指揮をとる気持ちはないが、経過や結果については案ずることが多い。全体が一本に締まらないとバラバラに動いてしまう。社内の決め方、纏め方、進め方がはっきりと見えてこない。見学会や開催のための周知がものをいう。

 

今週の土曜日は「竹の子学園」の閉園お別れ会を行う。来週の土曜日は現場見学会を開く。それで4月に入るが竹の子学園の後始末には頭が痛い。何とか維持しながら花にしたい。