現場巡回リポート

四ヵ月ぶりの巡回   ~平成28年3月24日(木)~

四ヵ月ぶりの巡回

昨年の12月の第一木曜日以来の現場巡回である。実に4ヵ月ぶりのこと。まだ身体は完治した訳ではないが、毎日出勤しながら会社の仕事は何もタッチしていない。精々リポートやはがきを書く程度で物足りなさを感じている。さりとて身体は動かないし心も落ち着かないが、出来ないものは出来ないと諦めている。半日の巡回であるが楽しかった。

 

2016.3.24genba (1)

①外部塗装工事。工事は完了したが水洗いのとき内部へ漏らしており、その補修が残っている。お詫び。②屋根葺き替え工事。好天に恵まれて工事も捗っている。③外装リフォーム。耐久力についてご質問があったが、社長が丁寧に対応していた。④外装リフォーム。外部の工事が増えている。悪いことではないが内部外部のバランスが必要だと感じる。

2016.3.24genba (2)

 

⑤屋根葺き替え工事。外装や板金工事も含める。好天に恵まれて順調に進んでいる。⑥倉庫予定地を見る。アクセスも悪くないし手に入ればいい。⑦手すり取り付け工事。⑧内装工事。ほぼ完了。週末には現場見学会を開催する。白木町だが新規のお客が開拓できるか期待している。鉢植えの提携イベントが共催される。ご主人にごあいさつ。⑨増築工事のごあいさつ。⑩手すり工事。少し思い違いがあり、担当者に連絡。

 

2016.3.24genba (3)

4月から新人が加わる。基本教育は社長、岡元で行う。5月に入って「お商人研修」を大西と2名で行う。仕事は岡元の下で講座などのお世話をする。岡元の負担が軽くなって良いことだ。文章も書けるということだから新しい人材を育てたい。永田は不動産関係の仕事を中心とする。売り上げの見込み、資金の回転についても見通しを聞いた。竹の子学園の後処理についても希望を聞いた。経営については多少の不安もあるが、懸命に考えているので安心している。週に一度社長の経営意見を聞きながら安心させてもらいたい。