日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年5月1日(№6989) 白内障の手術を終える

白内障の手術を終える

視力が衰えて悩んでいたが、思い切って白内障の手術をすることにした。多くの人が手術は簡単で、しかも結果がよいと教えてくれた。小島さんは両眼を6日の入院で済ませた。もっとも手術は簡単で短時間であるが、術後のチェックがなかなかにうるさい。それで入院された。私は先週の水曜日に左眼を今週の水曜日に右眼を手術してもらった。無事完了。

 

目のことだから心配していた。どんな手術なのか全く知識がなかったものだから、それなりに心配していた。しかも医師の腕は悪くないのだろうが、無口で説明の足りないタイプだ。約20分ほどの手術だがどのようにするのか全く分からない。痛くはないというがそれぞれの感じ方しだいだ。正味は15分程度だが思ったより簡単に終わった。後の手入れが面倒だ。

 

眼帯が大きくみっともない。手術は午後一時からだかその日は見え辛くて仕事も休んだ。顔や頭の洗いが制限され、顔も簡単には洗えない。髭も剃れないしみっともない話だ。毎日朝、昼、夜、就寝前と4回も目を洗う。そこまでしなければならないのかとうんざりする。これを1ヶ月も繰り返し行う。左眼は毛細血管に傷がつき治りか遅いようだ。

 

右眼は一度経験があるから予測も出来るし、アクシデントも起きず無事に終わった。翌日眼帯を外したが左眼よりは不自由が少なかった。これからの左右裸眼の調整が難しいというが、遠近の調整は目が自然にやってくれるらしい。しばらくは良く見えるそうだから視力は若がえると信じている。今まで不自由をしいた左が復活した分だけ楽になるに違いない。

 

あとは身体の復活だがどのくらいの時間がかかるのか、元通りになるのか案じている。トレーニングに手抜きは許されない。老化にストップをかける責任がある。