現場巡回リポート

天気予報が外れる   ~平成28年6月23日(木)~

天気予報が外れる

今年は空梅雨などと嘯いていたが、全国各地に局所豪雨に見舞われた。広島県でも福山市が堤防決壊で床上浸水の被害を蒙った。地震に見舞われた熊本地方は、ダブルパンチで災害を受けている。参院選が公示になり安倍首相は第一声を熊本であげ、福島に向かった。翌日は沖縄である。政治家は多忙である。並外れた体力がないと首相などの激務は務まらない。

 

今日の予報は曇り、ところにより激しい雨に注意とあったが、何とピーカンの真夏日であった。最近は外装リフォーム増であるが、担当の職種は晴れで大喜び。朝から笑顔の出会い。お客様も外部リフォームの晴れは嬉しい。じいちゃんも顔がしわくちゃになっている。巡回していてもお客さまの笑顔に接すると暑さがしのげる。本日は天気予報が完全に外れた。

 

売却依頼を受けているマンションリフォームは着々と進んでいるが、現場の散らかり具合が見苦しい。職方に対して担当から厳しく注意してもらいたい。現場はショールームと考え、整えることが必要である。浴室のリフォームはなるべく早い期間に仕上げることが大切だ。暑い時期にはさっぱりと汗を流したいもの。雨漏り修繕のお宅は本日休工であった。

 

体調を崩してからは動きが十分でなく、社長にも迷惑を掛けている。早く元通りにと願っているのだが、神様が意地悪をしているのか。今週の火曜日МRIの検査を受けたが、来週の月曜日に審査を受ける。肝臓がんが穏やかになってくれればいいが、どうなっているか。がんは心配のタネとなる。