日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年6月29日(№7034) ミスを繰り返す人

ミスを繰り返す人

仕事でミスを繰り返す人は偏っているようだ。ミスをし易いスタイルで仕事をしているのだろう。組織を揺るがす大きな事件は大抵の場合、人の些細なミスが引き起こす。「どうしてミスをやらかしてしまったのか。もう二度とミスは起こすまい」と大半は反省する。ミスの多い部下を持つと上司のストレスは溜まるばかり。怒鳴りつけるとパワハラと認定される。

 

入社前の大学生の7割は仕事に自信を持っている。ところが若手社員の6割は大小にかかわらずミスをしている。世間は甘くないことを示している。日常的なミスは数えきれないが、わが社では出勤時間の1時間前から周辺清掃をしている。時間外だから労働基準法に触れるのかもしれないが、わが社の伝統としてお客様から高く評価されている。20年以上続く。

 

ヒューマンエラーを100%回避することは不可能。その次はリカバーのレベルによる。さりげなくミスを解消する人、同じミスを繰り返す人、経験を重ねればミスがなくなるかというとそうもいかないのが難しいところ。「この仕事に向いていないのかもしれない…」と、仕事に振り向けるエネルギーを会社を辞めることに振り向けるようになる。

 

ミスを繰り返す人は、①集中力を高めるポイントが分かっていない。②相手の言葉尻に反応して行動すること。③発言の語尾をはっきりしないこと。ミスが少ない人は言葉尻が明確である。仕事のリズム感がある。なによりも大切なのは相談できる人、協力してくれる人を作ること。信頼できる上司や仲間がいると気持ちが安定し、安心して仕事が出来るものだ。