日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年10月26日(№7458) 広島東洋カープCSで敗れる

広島東洋カープCSで敗れる

台風のせいではあるまいが広島東洋カープはCSシリーズで4連敗し、日本シリーズ進出を阻止された。3位から日本シリーズに進出したのは、セ・リーグではDeNAガ初めてである。パ・リーグでは2010年にロッテが3位から勝ち上がり日本一になった例がある。DeNAは2位の阪神との対戦でも雨中の熱戦を勝ち進み、広島でも最初の試合は雨に敗戦。

 

2勝2敗のあと2試合が台風で延期になったが堂々と連勝し、セ・リーグ三位のチームがパ・リーグの覇者ソフトバンクと日本一を争う。DeNAが勝てば下剋上の勝利であり、ソフトバンクが勝てば念願の日本一である。広島カープはリーグ戦でDeNAを14,5ゲームも放し独走した。それなのにチームもファンも試合には参加できない。優勝に花がない。

 

優勝チームには1勝のアドバンテージが与えられるが、4敗すれば何の意味もない。CSシリーズと名前はいいが、3位のチームが日本一になってはおかしい。やはり優勝チーム同士が激突するのが理に適っている。随分以前にあったが、リーグ戦を前期と後期に分け、優勝チーム同士が日本シリーズに進出する。前期後期とも同じチームが優勝すれば納得だ。

 

ことしはどちらが日本一になるか予測もつかない。似たようなチームだけにバッティングの波に乗った方が勝ちそうだ。下剋上でDeNAが勝ったとしたら、チームにケチは付けられないが制度がみっともない。収益もファンの楽しみも捨てがたいが、両リーグの覇者同士ががっぷり四つに組んで戦ってもらいたい。土曜日から始まるがどちらが勝つか楽しみだ。