日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年10月7日(№7439) 投手・四番

投手・四番

日本ハムは二年連続の日本一にはなれなかったが、シーズン最終戦で見事な演出を見せた。大谷翔平投手の四番&先発投手の見事な締め括りだ。今季終了後にはポスティングシステムを利用して米大リーグへ挑戦する意欲を固めているが、そうすればこの日が日本での最後の試合となる。しかも入団五年目で自身初の「4番・投手」での先発出場。最後の先発出場。

 

成績はオリックスを相手に2安打、10三振を奪う力投で今季初完封。更に打者としては4回に中前打を放ち、満員のスタンドを沸かせた。球速165㎞のホームランバッターは大リーグでどんな活躍を見せるか。大リーグへの移籍が惜しいような気もするが、やはり才能のある若者は世界一の檜舞台で輝いてほしい。折角の才能を花開かせ、世界一になるべきだ。

 

それにしても栗山監督の選手を見る目は鋭い。春に足を故障したのを大切に養生しながら、最終戦に花を開かせた。ここまでの辛抱は凡人にはできない。アメリカでも優れた指導者に恵まれればいいが、果たしてどうだろうか。選手としての環境がガラリと変わる。折角の才能だから無理をしては宝の持ち腐れになる。大切に育てつつ世界一の選手にして欲しい。

 

来年の大リーグは日本の投手陣で賑やかだ。新人の大谷翔平が加わり、ダルビッシュ、前田、田中、故障が癒えれば岩隈とニュースを毎日のように飾る。残念ながら打者はイチロー以外いないが、年齢が45歳だけにどうなるか。本人の希望通り50歳まで花を咲かせてほしい。大谷が1枚加わるだけで海外のプロ野球ニュースが、一段と華やかに伝わるだろう。