日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年11月17日(№7480) 安倍さんは自民党で信任されるか

安倍さんは自民党で信任されるか

「この前の選挙はすごかったな。ちょっと心配したけど全然大丈夫だった。本当にすごい」とトランプ氏に褒められて、「最近の私は付いているんですよ」と安倍さんは応じた。その結果、安倍内閣の支持率はアップし、53,1%となり、5ケ月振りに支持が不支持を上回った。不支持は3,4%減って45,8%だった。だが、必ずしも安倍晋三が信任されたのではない。

 

国政選挙は再来年の参院選、衆院選は4年後だから、自民党の政権が倒れはしない。しかし、勝利の会見で述べたように「謙虚」「真摯」な政権運営を怠ると3期目の続投は簡単ではない。3期目の安倍総裁の「賛成」は36%、「反対」は54%に上る。自民党以外の政党が10%を超えたのは、立憲民主党のみ。昨年2月の民主党以来だった。周囲は穏やかでない。

 

党首を挿げ替えることは簡単ではないが、無理を押し通すとぎくしゃくして念願の憲法改正発議に辿り着けないかもしれない。後継と目される岸田さんや石破さんはそれほど熱心ではないから、周囲の反対を押し切ってまでは進めまい。そうであれば大勝したからこそ「謙虚」「真摯」の二枚看板を下ろさないようにすることだ。野党第1党は立憲民主党である。

 

衆院選の圧勝は野党の敵失に過ぎない。今回の自民党の勝利は、理屈でないところでもたらされた産物だ、と小泉進次郎氏は総括した。政治というものはおかしなものだ。選挙に勝てば勝ったで政権基盤の底には不満のマグマも流れる。自民党政治はしばらく続く。しかしキャップはいつすげ替えられるか分からない。3期続けば9年になる。やはり長すぎる。