日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年11月19日(№7482) 「紹介状ない患者」の負担増

「紹介状ない患者」の負担増

私は安佐市民病院で診療を受けているが、最近の患者が急増しているのに驚いている。以前の駐車場は午後になると空きが多かったが、今はほぼ満車状態である。広島市の北部、県北地域、島根県の一部まで網羅しているからか。現実に地域内の病院は少し面倒な病気は、安佐市民病院に紹介状を書いて回している。それにしても相変わらず高齢の患者は多い。

 

先月も発熱があったとき安佐市民病院に電話したら、行きつけの病院に行って診察し貰えとの返答だった。あいにく地域の病院とは縁がないので無理を言ったが、その手続きはややこしい。安佐市民病院では紹介状なしに受診すると、高額な初診料を徴収することになっている。現在は500床以上の大病院が対象だが、来年度から400床以上まで対象となる。

 

紹介状のない初診料は5,000円以上、再診料では2,500円以上と決められている。軽度な病気や怪我で大病院に通われると、高度な治療を必要とする患者の妨げになっているとの懸念が関係者の間で強まっている。どちらにも言い分はあるが、軽度の患者はなるべく地元で診てもらうべきではないか。医療費を懸念する健康保険組合は200床まで求めている。

 

それにしても高齢者の患者の多いこと。他人の事は言えないが、待合室には患者が満杯で順番を待っている。全てが保険の世話になっていると思うが、医療費の増大で保険料を国に負担させ過ぎているのではないか。75歳以上の後期高齢者の負担は1割だが、もっと負担してもいいような気がする。地域の医院は元気な高齢者のたまり場のような状態にある。