日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年11月2日(№7465) 小河二郎翁を訪う

小河二郎翁を訪う

益田市のМランドより仕事の相談があり、担当の社長が訪れるという。「一緒にどうか」と誘われ、長時間ドライブで多少の心配があったが同行した。戸河内から益田市へ抜ける中国山脈の鮮やかな彩りに、しばし感嘆の思いをはき出した。これまで20年も通った道だが、今年のように鮮やかな紅葉は初めてだ。やはりシーズンの一刻だろうか。もう一度見たい。

 

Мランドの今時分は閑散期で静かだ。次の繁忙期は12月になる。やはり大学の休みに左右される。会長室の前の応接間に入り握手を交わした。毎年何度が訪問していたが、昨年と今年は病気のため無沙汰をした。お目に掛るのは2年振りとなる。小河会長は94歳、私は80歳、2年も会わなければ姿は変わる。お互いに細くなっているのが、身体的な変化だ。

 

補聴器は付けておられないが、多少耳が不自由になられたと感じた。身体的には何処も悪くないとの事。Мランドの経営は順調だから自由にされたらよいように思うが、やはり幾らか気掛かりもあるようだ。滞在型自動車学校では、日本一の卒業生を送り出している。現在では年間7,000名。なんとか10,000名にしたいのが経営者としての願いだと言われる。

 

日本一ならそれでいいように思うが、一万名と決めたからには到達すべきだと言われる。身体は少し不自由だと思うが、先日は鍵山さんの見舞いに行かれたという。その心意気たるや若者にも負けない。80歳が94歳に勝てないとは残念だが、いまのところは心身ともに後れを取っている。ともかく健康を取り戻して堂々と相対したい。次回の出会いが楽しみ。