日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年11月7日(№7470) がん治療を一休み

がん治療を一休み

先々週の末まで3週間(週5日)、休まずがん治療のため病院へ通った。がんの三大治療(手術、放射線、化学療法)のうち、放射線の為である。放射線技師は腫瘍殺傷のため、病巣にはガンマ線を多方向から当てて線量を高め、周りの正常細胞には余りダメージを与えないような照射の技術を高めている。その面では現在の医術は極めて高いレベルにあると思える。

 

今回の照射治療は肝臓がんへ血液を送る血管に、がん細胞が巣食ったことを止めることを目的としている。七カ所からガンマ線を当てるのだが、息を止める時間によって照射時間が変わる。10秒、10秒、15秒、20秒、25秒、25秒、20秒が毎日繰り返される。この辺りは素人の勝手な推測によるものだが、多方向から病巣に当てて正常機能を守っている。

 

こうした治療で癌細胞が消える訳ではない。しかし、統計的に見てがん患者の生存率は高まっているし、早期の発見率も増えている。しかし、こうした統計率で分からないのは、がん細胞の反乱に対する恐怖心だ。これらの脅威に直面すると当然ながら科学の飛躍的進歩が、新たな治療法もたらしてくれることを期待する。進んだ医療で癌細胞が消えることだ。

 

私は比較的病気に対する恐怖心がない。がん細胞が転移するとか、死期を早めるとは感じていない。さりとてがん細胞が消えるとも思っていない。日常生活は入院生活で足の筋肉が縮小し、行動が不自由になるのが病気の土産である。がんの恐怖はない。その分だけ医師を信頼している。病状について詳しい説明があるのがいいのか、それもはっきり分からない。