日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年4月10日(№7299) 日曜日は多用日

日曜日は多用日

毎週のことだが日曜日は忙しい。いつもは9時までに出勤をするのだが、日曜日は江原さんたちが早朝の清掃活動を行うので、午前6時半にパンとコーヒー持参で陣中見舞いをする。デイリーメッセージのFAX通信の扉を書き、1週間分まとめて届ける。当日の朝書いたはがきのナンバー刻印をし、発送の処理をする。午前8時に一段落し、新聞と休憩する。

 

今週はフォーラム新聞180号の原稿が遅れており、何としても本日仕上げねば編集担当の今井さんに申し訳ない。今日は3面の「マルコシ初夏のニュース」と4面の「小粋なギャラリー再スタート」の告知。ニュースは新入社員の紹介、地域の清掃活動、5月イベント「オレンジフェスタ」の案内、この3つで紙面が埋まる。「小粋なギャラリー」は復活を願う。

 

地域の情報紙と威張っているから読んで貰わなくては発行の意味がない。読者は余裕が豊富の熟年女性がメイン。感想のはがきなども55歳から80歳の女性が大半。4字熟語など難しい熟語は使わず、ひらがな、括弧を多用する。もちろん英語のカタカナも使わない。他愛もない仕上がりだが自己満足では情報紙の役割が果たせない。顧客ロイヤリティも失う。

 

文字数、写真の数、全体の構成など考えれば、いくらでも時間が掛かる。その分だけ集中するから精神も肉体も疲労する。イベントはもとになる企画が提出されないと具体的に書けない。午後4時過ぎにやっと済んだ。野球もゴルフも見ないでテレビとは無縁の1日になった。毎週同じ日曜日を過ごしている。決して不満ではないが、疲労の蓄積は半端ではない。