日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年4月24日(№7313) 本日「癌入院」5回目

本日「癌入院」5回目

本日から2週間、安佐市民病院に入院する。肝臓がんが元気一杯なので少し大人しくしてもらうのが目的だ。手術してがん細胞を取り除けばと思うこともあるが、難易度が高いため簡単に手術とは行かないらしい。14年前胃がんで全摘出手術をしたときは、余命3年~5年と診断されながら何故か今日まで生きている。医学的には「完治」と判断される。有難し。

 

肝臓がんは何の予告もなく発病した。心筋梗塞で担ぎ込まれたとき、肝臓内に直径85㍉もの大きながんが発見された。治療方法としては治るまでカテーテルで抗がん剤を送り込む治療が採用された。第1回目は劇的な効果があり、きわめて小さくなった。ただ3ケ所に分離した。昨年は4回も入院して抗癌治療を施したが、当たり外れ、新規発生もあった。

 

多くの方から高額のサプリメントを進められたが、その気にならなかった。主治医にお任せしたのだから、素直に指示に従う。薬は病院にお任せする。要するに考えることは面倒だ。自然に任せることに徹した。「闘わない」「勝とうとしない」「頑張らない」。その代りだらしない生活は過ごさない。決めた通りの生活リズムを狂わさない「時間」を過ごすようにした。

 

もはや現役から退いて無給だが、入院の日以外は百%会社に行く。休日も同じだ。今年も一月一日から無休で過ごしている。二週間の入院中はパソコンを持ち込み、毎日のデイリーメッセージや届けられる講座や掃除のリポートをアップする。はがきも書く。無理をするなと言われるが、無理をしている訳ではない。あるがままに用事を作り、こなしていく。