日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年4月27日(№7316) 「孫子の兵法」④ 戦う前に勝っておく

「孫子の兵法」④ 戦う前に勝っておく

負けが確定しているのに戦いに挑むことは無意味である、と孫子は言う。挑戦することは意義があるというものの負けることがわかっているのに戦うのは無謀というもの。戦うなら勝てる条件を一つでも増やすこと、孫子は勝つ条件が多いほど有利に戦える。勝負は戦う前に決まっている。勝つための五条件を整えておけば、必ず勝てると信じて戦えるはずだ。

 

①「彼我の戦力を検討したうえで、戦うべきか否かの判断が出来ること」。あなた自身の能力と、取り組む対象の情報を把握しているか。②「兵力に応じた戦いが出来ること」。今の自分の実力に応じた戦いをする準備は出来ているか。③「君主国民が心を一つに合わせていること」。目標を共有する仲間がいるか。④「万全の準備を整えて敵の不備につけ込むこと」。

 

チャンスが目の前にないときも、備えを怠らないということ。そこまでの準備が出来ているか。⑤「将軍が有能であって、君主が将軍の指揮権に干渉しないこと」。有能なパートナーを選べているか。その人材が実力を100%発揮できる状況を用意できるか。孫子の言葉「戦う前に勝負は決まる。勝利の5条件を充実させるべし」。ともかくやってみるでは勝てない。

 

勝利の見通しが立つのは、勝利するための条件が整っているからである。逆に、見通しが立たないのは、条件が整っていないからである。条件が整っていれば勝ち、整っていなければ負ける。勝利する条件が全くなかったら、まるで問題にならない。5つの条件を満たすためには、具体的にはどのようなことを考えればいいか、どんな行動が求められるか。次回。