日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年6月1日(№7351) 「孫子の兵法」⑥ もろさを排除する

「孫子の兵法」⑥ もろさを排除する

「敵より先に戦場に赴いて相手を迎え撃てば、余裕を持って戦うことが出来る。逆に敵より遅れて戦場に到着すれば、苦しい戦いを強いられる」。孫子は、「脆さ=依存」を排除する五つの方法を説いている。「依存」の排除は脆さを盤石に変えること。脆さを盤石さに変えれば、不敗に近づく。次の五つの方法で排除せよと孫子は言う。それほど難しくはない。

 

①事前の予測が外れても、目標を達成できるようにする(万一に備えて別案を用意しておく)。例えば屋外のイベントであれば雨が降った場合の会場を用意しておく。事前の予測が外れても目標を達成できるようにする。②解消できるリスクは、勝負の前に消しておく(前日までにリスクを限界まで解消しておく)。勝負の前にリスクは可能な限り消しておきたい。

 

③単一の目標への依存は、落胆の多い人生につながる(目標を複数持って、並行して追い掛ける)。単一の目標にすべてを賭けると、一つの成功に依存することになる。④ギリギリで動き出すと、失敗を許容することが出来ない(早く着手して、リスクを事前にあぶり出す)。プロジェクトのリスク管理の基本は、早く着手すること。失敗と成功を早めに経験する。

 

⑤複数の強みを育てておけば、次の変化を乗り越えられる(いくつもの強みを育てておくこと)。ヒット商品が一つだけの会社は、やがて潰れる。どれほどの人気商品でも、時代は移り変わるからだ。企業も人も、一つの強みに依存することは危険。複数の強みを育てておけば、次の変化を乗り越えられるものだ。何事も平凡なことの積み重ねが、大きな強みになる。