日々雑感~デイリーメッセージ~

平成30年1月1日(№7525) 平成30年元旦

平成30年元旦

長い間続けている元日の行事だが、一昨年は緊急入院と肝臓がんの治療のため病院で新年を迎えた。昨年から新年の行事を復活したが、何と言っても身体がいうことを聞いてくれない。今年は昨12月31日の午後11時から、孫二人を従え掃除をスタートさせた。1階から電気を点け開口部を全開し、1年間の溜まったゴミを箒で屋外に追い払う。形式的だが…。

 

小さなビルだが簡単ではない。2階の事務所、商談室、3階の教室、応接室、事務室、4階の仮住居2室、屋上と続く。それらの開口部を開放しゴミを追い出す。除夜の鐘とともに新年になったら国旗を掲揚し、屋上から開口部を締めて降りる。新年の幸を呼び込んで1年間外に逃がさないためである。仮住居には15日からお客様が入られる。快適に過ごされる。

 

全ての掃除を終えたら零時20分。今度は屋外の掃除は入る。社屋の裏からガレージ、前面の歩道の落ち葉をきれいにする。玄関の入り口に水を撒いて終わる。やっと初詣の車が迎えに来た。今年も白木町志路・宮崎神社に子供、孫11人で2台に分乗する。今年も参詣№は33番、姓名の字画数と同じである。昭和21年から連続72年も家族はお参りしている。

 

これからの大仕事は年賀状書き。多くの人は年賀状を中止しているが、腕が動く間は書き続けたいと思っている。それにしても随分書かせていただく先が少なくなった。多い時期は800通書いていた。今年は280通の予定である。仕事先もなくなった。畏友も多くの人が旅立った。親戚も減少傾向である。今日から3日間の予定で書きあげる。根が詰むかな。