日々雑感~デイリーメッセージ~

平成26年12月6日(No6561)   「バタバタ」考

「バタバタ」考

ここ数年の日々は朝から晩まで「バタバタ」の連続であり、仕事以外の楽しみを見つける余裕は全くない。だからといって嘆いているのではない。それなりの意義を見出し、ベストを尽くしている。平均すれば午前4時起床、就寝は日付けがまたがることもある。365日、ダラダラする時間は持たない。睡眠時間は平均4時間、実働時間は16時間を超える。

何と時間の使い方が下手なのだろうと自分自身を責めることはある。もっとうまく立ち回れないか。究極、①事前準備不足、②時間管理不足、③リスクの想定不足に尽きる。仕事の内容も本業に勤しんでいる訳ではない。結果としては販売に貢献しているだろうが、責任ある数字は持っていない。ただ仕事内容は自己満足とビジネス効果を同時に生んでいる。

「バタバタ」の習慣は多くの悪い結果を生む。①長時間労働になっている、②疲労感が溜まる、③集中力が欠ける、④楽しようとする、⑤やる気を失う、と言われるがそうはならない。逆にハッスルバタバタになっているようだ。疲れないはずはない、集中的に疲れを取るべきだと忠告されるが、それはどうすればよいのか、立ち止まるくらいしか思いつかない。

立ち止まったとき何をするか。いま最優先で何をすべきか、いまやっていることは果たして正しいのか、自問自答することで少しはバタバタが減るのではないか。そして有効なコミュ二ケーション。①要旨をまとめる、②伝え方を考える、③伝える、④伝わったか否か確認する、⑤こちらの意図通りに相手が行動してくれるか、ここまでやればバタバタは減る。

少ない時間でたくさんの仕事をする。それには相手の意見を聞く、相手を頼りにすることがベストなのかと考えている。