現場巡回リポート

30年来の顧客夫妻  ~平成25年4月25日(木)~

30年来の顧客夫妻

出掛けに設計打ち合わせ中のお客様が来社され、出発が少し遅れた。本日は好天に恵まれ、現場巡回も楽チン。最近は何故かガレージの注文が増え、重機を使用するケースが多い。おかげで担当業者はてんてこ舞いの嬉しい悲鳴。雨はノーサンキューだが、今日のような好天は大歓迎。3番目の現場だったか、高齢のご主人が廃棄物の処理作業中。

 

2013.4.25gennba

 

ダンプが入っていたため、古いコンクリートの塊、庭石など処分。こちらでするからとお伝えしたのに、気を遣って頑張っておられた。いいお客様にめぐり合えると楽しくなる。東区では外装リフォームの足場撤去中。とうとう一度もお目にかかれずコミニケーションカードで失礼した。向かい側では他社が施工中だが、何故か工事が止まったまま。

 

2013.4.25gennba1

 

増築工事の現場では建て方が終わっており、裏から入ったため狭い通路を通るのに難儀した。仮設トイレは使えそうもない。2ヶ所の増築で中は使いやすくなるだろうが、外は使い辛いだろうと要らぬ心配。トイレリフォームなどの現場をそこそこに通過、市内の防音工事現場へ。ピアニストの練習場になる。昔のビルだけに通路も迷路のよう。

 

2013.4.25gennba2

 

一足飛びに佐伯区まで巡回。往復1時間と読んだが甘かった。先週は昼食の時間が取れなかったが、今週も似たようなもの。お客様は30年来お世話になっているご夫妻。互いに高齢だけに健康について話が弾む。お二人とも歩くスピードが遅くなったと心配しておられた。6月の100㌔ウォーク参加を告げると拍手してくださった。高速は早いが乗るまでが大変。今日も時間に追われ続ける1日になった。