美しく元気に生きる

「美しく元気に生きる」 ④ウォーキング・イズ・ベスト でかっこよく

④ウォーキング・イズ・ベスト でかっこよく

徒歩通勤、休まず八〇〇日

一念発起して自宅から会社まで約三㌔を徒歩で通勤しています。休まず八〇〇日歩き続け、万歩計の累計は九〇〇万歩に達しました。三ヵ月後には一千万歩を超えます。私のモットーは、①年中無休(夢求)、②例外なしです。妻は変わり者だと笑いますが、ともかく徹底しています。

一年三六五日、午前六時前には自宅を出て歩き始めています。一〇数分後には会社の周りを箒で掃いているか、火ばしでゴミを拾っているか、花壇の手入れをしているか。出張のときも変わりません。東京でも旅行先でも同じことをしています。努力しては続きませんが、習慣になれば身体が勝手に動くのです。

健康のための運動はいろいろですが、私はウォーキングがベストだと信じているからです。加えて一日のリズムを変えないこと。その気になれば、誰にでも簡単に出来ることです。

ウォーキング・イズ・ベスト

道で行き交うすべての人にあいさつしていますが、息を切らせて走る人、肘を横に振って鬼のように顔をしかめて歩く人、無理をしている人はあいさつを返す余裕すらありません。概してすべてが「わが道を行く」です。もしも健康のためならそんな運動は何の役にも立ちません。せいぜい自己満足の範囲内です。

私は心拍数が上がる運動は高齢者の仲間入りをしてすべてやめました。過激な運動をして倒れてしまっては何にもなりません。スポーツ経験の浅い人が、いっぱいご馳走を食べてメタボ解消のためにスポーツをやる。それは命を縮める愚かな行いです。

ウォーキングはスポーツの範疇に入らないかもしれませんが、無理をしない範囲で歩くこと。ただし、生活習慣になるまで続けることです。そうなれば努力は無用になります。身体が勝手に指示してくれます。

かっこよく歩く。スターのように

「一日一食で二〇歳若返る」の著者・南雲吉則医師は、ふくらはぎと背中の筋肉をフルに使うことを勧めています。心臓から送り出された血液をもう一度心臓に戻すには、第二の心臓と呼ばれる二つの筋肉を使う必要があるのです。歩けばいいのですから簡単です。電車やバスで座らないことも大切です。

私の徒歩通勤は宣伝が行き届いて多くの人が注目しています。だからいつ見られても恥かしくないようにかっこよく歩いています。

①お腹を引っ込め胸を張って歩く。

②手は軽く握って振る。

③最大の歩幅で歩く。

この三つの条件で血流は改善し、ウェストは細くなって背も伸びます。錯覚?

短時間でもいいから、ともかく毎日続けることが大切です。万歩計は生活歩数も拾ってくれます。ただし、どんなときもだらだらしないことです。まずは一歩から。