金本和宏

グリーン住宅ポイント オンライン相談会開催!

投稿日:2021.06.07 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は私が開催させていただくイベントのご案内です!

 

6月12日土曜日

『グリーン住宅ポイントオンライン説明会』開催決定!

 

一定の省エネ性能を有する新築住宅の取得やリフォーム工事、既存住宅の購入等で、

様々な商品や追加工事と交換できるポイントが獲得できる制度が始まりました。

住宅の取得やリフォームをお考えの方には大変お得な制度で、絶好のタイミングです!

 

 このお得ですが、少々分かりにくい「グリーン住宅ポイント制度」について、

オンラインにて要点を分かりやすくまとめて解説させていただきます。

 

午前の部は10時~と11時~。午後の部は14時~と15時~。

各回40分、1組様限定で開催させていただきます。

各回1組様限定ですから、住まいについてご検討されている皆様の

それぞれの状況に合わせてポイントを絞りご説明させていただきます。

 

お申し込みは下部のフォームからお願いします。

 

『グリーン住宅ポイントオンライン説明会』

無事完工!

投稿日:2021.04.12 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回はリフォーム現場からのレポートです。

1月末から施工させていただいていた、

賃貸マンションの大規模改修工事がお陰様で無事完工致しました。

築21年を迎えられるマンションでしたが、

オーナー様やご入居様が大切にされてきたのがよく分かる建物でした。

今年21年経過するにあたり、

「劣化部分を修繕し、より綺麗な状態で長持ちさせたい」

というオーナー様からのご依頼を受け、今回の工事で、

屋根葺き替え工事・屋根他防水工事・外壁タイル改修工事・外壁目地打ち替え工事・外壁塗装工事と

外回りの維持保全工事全てを施工させていただきました。

ご入居様には、工事中大変ご不自由をお掛け致しました。

お陰様で工事前より、より強く・綺麗なマンションにさせていただくことが出来ました。

ご協力いただいた、全ての方に心から感謝致します!

 

転ばぬ先の手すり

投稿日:2021.03.25 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回はリフォーム現場からのレポートです。

 

お客様から

「今まで何ともなかった、玄関アプローチの階段の上がり下りが最近難しく感じるようになった」

とご相談がありました。

お伺いしてみると、現状の階段は周り階段で踏面も狭く段差も高くて、

これでは毎日の上がり下りが危険な状態です。

 

外階段を造り替えるには、敷地的にも無理があります。

そこで、お奨めしたのが「歩行補助用の手すり」です。

 

今回は、女性や高齢の手の小さい方にもしっかりと握り込めるように

径の小さなタイプをお奨めいたしました。

 

天然木のような優しい手触りの手すりで、表面は温もりのある自然な木目模様の仕上がりです。

素材は、樹脂製なので、天然木のような割れ・ささくれ・腐りなどの心配がほとんど無いので、屋外に安心して設置出来ます。

 

又、細かい所にも注意して、手すり下部の溝を隠す目板も取付けさせていただきました。

握りやすさが向上し、指のはさみ込みを抑制します。

 

転ばぬ先の杖ならぬ、手すり!手すりがあれば、

つかまりながら歩けるので安心してお出かけ出来ますよ。 

お年寄り、お子さん、妊婦さん、家族のみんなを手すりが安全にサポートしてくれます。

 

補助手すりを取り付ける際には、介護保険の住宅改修費が給付される場合もあります。

それも合わせて、補助手すりの事なら何でもお気軽にお申し付け下さいませ。

 

新!広報活動スタート!

投稿日:2021.03.09 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は現場からのレポートです。

今回は新しく始めさせていただいた広報活動のご案内です。

 

3/1からマルコシの新しい広報活動がスタート致しました!!

なんと、スシロー高陽店さんの店内サイネージ(予約番号を表示する大型ディスプレイ) に

15秒CM広告を掲出させていただいております。

 

スシローさんは大変人気ですから、予約の待合スペースはいつも大賑わい。

そんな待合スペースにある、大型ディスプレイで特別15秒CMが流れております。

だいたい、平均して10分に1回、マルコシのCMが流れております。

 

是非、スシローさんへ美味しいお寿司を食べに行ったついでに、

マルコシのCMもご覧になってみて下さいませ!

(ちなみに、私は3/2に早速社員のみんなとCM目当て? で行って参りました!)

 

 

大規模改修工事もお任せ下さい!

投稿日:2021.02.24 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は現場からのレポートです。

 

只今、お客様とのご縁で賃貸マンションの大規模改修工事を施工させていただいております。

工事はご入居様のご協力のお陰でスムーズに進行中!

足場掛け→外壁の劣化状況検査→外壁の劣化部分の各補修工事まで完了致しました。

 

只今、屋根葺き替え工事と、外壁目地コーキング打ち替え工事と各部塗装工事が進行中。

ご入居様のご負担を少しでも少なくする為、職人さんと一緒に奮闘中です!

改めてブログで工事の進捗をご紹介させていただきます。

 

賃貸マンション・アパート等、大規模改修工事もお任せ下さい!

見えにくくて傷みやすい…

投稿日:2021.01.27 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は屋根工事の現場レポートです。

 

お客様のご依頼を受けて行った屋根の点検で見つかったのは、

屋根の中でも雨漏りが発生しやすい部位、「谷板金」の劣化でした。

 

谷板金とは屋根と屋根の面が出会う凹んだ部分、谷の形になった部分に配置されている板金のことです。

ちょうど、ここを雨水が流れるので谷樋と呼ばれることもあります。

凹んだ部分にあるので、結構な死角になっています。

屋根に上ってみないと確認出来ない事がほとんどです。

 

板金と呼ばれることからも分かるように谷板金は金属製。

谷樋と呼ばれることからも雨水が流れるところです。

腐食しにくい金属から作られていますが、経年でやはり傷んできます。

酸性雨の降水により、谷板金素材(主に銅)を腐食させる化学反応が起きている事が原因で、

瓦屋根に施工されている谷板金ではその影響が顕著です。

 

谷板金の不具合が原因となっている雨漏りを防ぐ為に

谷板金のあるお住まいの方はある程度の築年数が経ったら

定期的に点検をしてあげましょう。

 

点検の御用命はお気軽にマルコシまでどうぞ。

 

寒気の影響

投稿日:2021.01.14 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

本年もスタッフブログをどうぞよろしくお願い致します。

 

年末から続く寒波の影響で、年始から水道管の凍結のご相談を多くいただいております。

 

急に水が出なくなったり、水道管から水が噴き出すと慌ててしまいますよね。

そうならない為にも、事前の準備と心づもりが分かっていれば少しでも安心だと思いますのでご紹介致します。

 

まずは、『水道管が凍結するのはこんな時』

 

                      ①外気温が-4℃以下の場合

                      ②外気温が一日中氷点下の真冬日

                      ③家の北側等、日が当たりにくい場所にある水道管

                      ④風当たりの強い場所にある水道管

                      ⑤屋外で剥き出しになっている水道管

 

気温や水道管がこんな場合は要注意です!

 

予防方法は、水道管の保温です。具体的には、

水道管や蛇口など断熱材が巻かれていない部分や、風当りが強い部分に、布や気泡緩衝材などを巻き付けて

テープで固定し、熱が逃げないようにする。

メーターボックスの中では管がむき出しのことが多いため、カバーを掛けたり布を詰めたりして保温する。

 

 

以上はお客様でも可能な予防方法です。

しかし、ご不安な方はお気軽にお申し付け下さい。

保温のお手伝いや現状の水道管や保温材の点検もさせていただきます。

 

冬でも安心して生活する為に、また寒波が来る前に水道管の凍結対策をおススメします!

 

快適な「トイレリフォーム」VOl.3

投稿日:2020.12.23 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回も、引き続きトイレ改装工事の現場レポートです。

前回から引き続き、介護リフォームで重要なトイレリフォームで考えるべきポイントを実例を踏まえてお伝えします。

 

今回は、『トイレのパーツ別にみた便利な機能』がテーマです。

介護する方も受ける方も、ストレスを感じないトイレにする為にどのような工夫が出来るのか?

トイレのパーツ別にみた便利な機能を紹介します!

 

2.「手すり」

手すりは体を支えるためにとても重要な役割を果たします。用途に合わせて、しっかり検討しましょう。

例1.トイレの中の移動のための手すりにする

(つたい歩き、つかまり立ちのための手すり)

 

例2.便座からの立ち座り、座った状態を安定させるための手すりにする

 

3.「床」

安全性のみならず、清潔さを維持するためにも床のリフォームは大切です。

以下の項目を考慮すると、より快適なものになります。

                    ・スリッパが無くても不潔感や抵抗感を生まない材質や色の床にする

                    ・水やアンモニアに強い材質にする

                    ・濡れても滑りにくい材質にする

例) クッションフロアシート・フロアタイル・大型セラミックタイル等

 

 

4.「洗浄レバー・ボタン」

意外と見落としやすいポイントですが、ボタンが見えにくい、

レバーまで手を伸ばしにくい、そのようなお悩みが解決します。

                    ・大きな文字で、見やすく解りやすいものにする

                    ・届きやすい位置に設置する

                    ・自動洗浄や手をかざすタイプのものを導入する

 

 

5.「ペーパーホルダー」

力が弱くても楽に切れるホルダーはとても便利です。

また、予備のペーパーもセットできるタイプは交換の手間を省けます。

                    ・片手で楽にペーパーカットできる紙巻器にする

                    ・2つ紙巻器の付いたものにする

 

ここまで、快適なトイレにする為にどのようなリフォームが出来るのかをお届けして参りました。

今までご案内した内容は、介護リフォームの内容や介護の状況によって介護保険住宅改修費や

市区町村が独自に行っている住宅改修の助成金の支給を受けることが出来ますのでこちらもご参考に。

 

介護用にトイレをリフォームするうえで、考えるべきことはたくさんあります。

家族やケアマネージャー、専門知識をもつ私たち業者などと十分相談することが大切です。

そして、それぞれの状況に合った適切なリフォームをして、介護する側もされる側も快適なトイレにしましょう!

トイレは一日に何度も使用するスペースです。

トイレがリラックス空間に生まれ変われば日々のストレスも少し和らぐのではないでしょうか。

この度トイレリフォームをさせていただき、改めてそう強く思いました!!

 

快適な「トイレリフォーム」VOl.2

投稿日:2020.12.08 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回も、引き続きトイレ改装工事の現場レポートです。

前回から引き続き、介護リフォームで重要な

トイレリフォームで考えるべきポイントを実例を踏まえてお伝えします。

 

今回は、『トイレをバリアフリーにする為の具体的な機能』がテーマです。

介護する方も受ける方も、ストレスを感じないトイレにする為にどのような工夫が出来るのか?

トイレのパーツ別にみた便利な機能を紹介します!

 

1.「出入口」

廊下とトイレの境目である出入口を障害なく通れるようにリフォームするのは最も重要。

ドアはスライドしやすい引き戸が断然おススメです。(特に車椅子の場合)

 

ポイントは4つ

 

 

 

 

・段差のない出入口にする

・出入口は80cm以上(車椅子が通る最低サイズの目安)

・外からも鍵が開けられるようにする

・出入口の位置を便座後方か便座横にする

 

〜便座後方の出入口の場合~

移動距離が最短で、横移動だけで便座にたどり着くことが出来きます。

 

 

 

〜便座横の出入口の場合〜

便座への移動がスムーズに出来る。車椅子でも完全に中に入ることが出来る。

 

次回は、トイレのパーツ別にみた便利な機能の続きをお伝え致します。

お楽しみに!!

 

快適な「トイレリフォーム」

投稿日:2020.11.27 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は、トイレ改装工事の現場レポートです。

介護のために家のリフォームを考えている方はたくさんいらっしゃると思います。

介護する側も、される側も双方が快適な生活を送れる家にしたいものです。

今回は、介護リフォームで重要なトイレリフォームで考えるべきポイントを実例を踏まえてお伝えします。

 

                    1.それぞれの身体状況に合ったトイレスペースを検討する

 介護のためにもスムーズで安全な移動のためにも、トイレにスペースを確保することは

 とても大切です。身体状況に応じて、使いやすいトイレのスペースは変わってきます。

 今回は車いすでの自立走行までを想定してトイレのスペースプランを策定しました。

 

 

 

 

 

「車椅子で自力走行できる方の為に推奨するトイレのスペース」

・便座前方を85cm以上

・便座側方を70cm以上

・出入口を80cm以上、(車椅子が通る最低サイズ)

      (ドアではなくより使いやすい引戸を採用)

・全体で約0.75坪(165×125cm)

 

次回は「トイレをバリアフリーにする為の具体的な機能」についてご紹介致します。

お楽しみに!!

1 / 1312345...10...最後 »