月岡泰誠

波板張り替え工事

投稿日:2019.08.20 | コメントをどうぞ

 

ガッツ溢れるニューカマー。新入社員の月岡泰誠です。

先日、口田にお住いのお客様から波板を張り替えたいとご相談がありました。

今回の工事では照りつける日差しを少しでも和らげるため

熱線遮断効果のある波板に張り替え!

 

 

熱線遮断効果のある波板は通常の波板に比べて30%~50%

熱線をカットすることができます。

熱線とは赤外線のことでこれをカットすることにより

波板直下の温度を通常の波板よりも下げることができます。

お客様はテラスで梅干しやらっきょうを保存されるため

テラスの温度を少しでも下げたいという思いがありました。

 

 

お客様からは波板を張り替える前よりも体感温度が下がって

今回張り替えて良かったと大変ありがたいお言葉をかけてくださいました。

まだまだ続く暑い夏、暑さ対策はもちろん

住まいのことなら何でもお気軽にご相談くださいませ。

 

思い出の味

投稿日:2019.07.10 | コメントをどうぞ

 

ガッツ溢れるニューカマー。新入社員の月岡泰誠です。

梅雨に入りじめじめと蒸し暑い日が続いていますが、みなさま体調など崩されてはいないでしょうか。

 

6月半ばの休みを利用して尾道に行ってきました。

今回尾道を訪問したのは尾道ラーメン発祥のお店とも言われている“朱華園”が一時休業するというニュースを聞き

これは休業する前に食べに行かなくてはと思い車を走らせ尾道へ。

“朱華園”に到着すると一時休業を聞きつけたためか

約100人の行列ができており改めて多くの人に愛されているお店ということを実感しました。

 

 

1時間ほど並び、いよいよ店内へ!

毎回食べている中華そばを注文しました。

 

 

高校生の時から食べてきた懐かしの味は今回も変わらず、おいしさと安心感を与えてくれます。

しばらく食べられないのは残念ですが、再開した時には必ず食べに行きます!

帰り際、千光寺に参拝し尾道の景色を眺めました。

 

 

ゴールデンウィーク

投稿日:2019.03.27 | コメントをどうぞ

 

ガッツ溢れるニューカマー。新入社員の月岡泰誠です。

新元号「令和」になったゴールデンウィーク、皆様はどのように過ごされたでしょうか?

学生時代の友人と愛媛へ旅行にいってきました。

今治にあるタオル美術館にいき、タオルで作られた巨大なオブジェをみて

びっくり!

 

 

他にも様々なキャラクターが可愛らしいタオル製品になっていたりと

改めて今治タオルの品質の良さを目と肌で感じることができました。

しっかり吟味してタオル生地で作られたお土産を両親に購入!

 

同じく今治にある野間馬ハイランドは家族連れで大賑わい。

普段目にする馬よりは一回り小さい野間馬を見てとてものどかな気持ちに。

 

 

夕食は行列ができていたお店で海鮮丼を頬張りお腹も満足!

 

 

休日の間に養ったエネルギーを仕事への活力にして

連休明けからもしっかりと気持ちを引き締めて頑張ります!

 

 

“やりかた”とは

投稿日:2019.03.08 | コメントをどうぞ

 

ガッツ溢れるニューカマー。新入社員の月岡泰誠です。

いち早くマルコシの一員として戦力になるため日々勉強中です。

 

先日、会社から少し離れた東広島の志和にて“やりかた”の現場に同行しました。

“やりかた”とは漢字で書くと“遣り方”となり

建物を建てる前に柱・壁などの位置、基礎の幅・高さの基準となる水平線などの

目印を付けるため敷地に作る木の囲いのようなもののことです。

何もない敷地に杭を打ち付け、杭と杭の間を貫(ぬき)と呼ばれる木材で繋いで

基準の高さを合わせていきます。

 

 

 

 

 

基礎工事をするにあたってなくてはならない大事な“遣り方”。

職人さんも慎重に高さを調節しながら印をつけていました。

 

 

何もないところから新しく家が建つと思うとワクワクしますね!

一つひとつ見たり聞いたりして得た知識や経験を蓄えにしてこれからも頑張ります!

 

はじめまして

投稿日:2019.02.18 | コメントをどうぞ

 

ガッツ溢れるニューカマー。新入社員の月岡 泰誠(つきおか たいせい)です。

 

 

 

2月1日よりマルコシで新入社員として働くことになりました。

私は福山市出身で、小学校2年生の時から高校卒業まで野球に打ち込みました。

 

 

福山の高校を卒業した後、香川大学で教育学部に在籍。

幼稚園と小学校教諭の教員免許状を持っています。 

 

子どもと関わるのが好きで学生時代にはボランティア活動として

バングラデシュの少数民族地域に住む子どもたちの教育支援活動をしており

実際にバングラデシュに学習道具や衣料品を持って行ったりしました。

洋服を貰った子どもたちはとても喜んでおり

その純心無垢な笑顔には心を打たれました。

言葉は通じませんでしたが一緒に遊んだ子どもたちは

とても楽しそうで共に幸せな時間を過ごすことができ

今でも子どもたちのあの笑顔は鮮明に頭の中に残っています。

 

 

中小企業家同友会の合同企業説明会でマルコシと出会い

ご縁があって働くことになりました。

大学時代に学んだこととは全く異なる分野で働くこととなり

正直不安な気持ちでいっぱいでしたがお客様の温かい激励の言葉に支えられ

日々頑張ることができています。

 

誰かのお役に立ちたいという想いは人一倍強いので

野球部で鍛えた持ち前の粘り強さと負けん気を持って頑張っていきます。