宇都宮祐希

ペットリフォーム~床編~

投稿日:2021.09.15 | コメントをどうぞ

三度の飯より猫ちゃんが好き、新入社員の宇都宮祐希です。

 

昼間はまだ暑い日もありますが、朝晩は過ごしやすくなってきましたね。

本日は第3弾、「ペットリフォーム~床編~」です。

が、その前に新入り猫ちゃんのご紹介をさせてください!

左が新入りの「黒桜(くろう)」。

先月、8月22日にお迎えした、3ヶ月の男の子です!

                                                     ①黒猫なので「黒」が付く名前を検索したらこの名前が出てきた

                                                     ②ご縁を結んでくれた友人の呼名が「桜」

                                                     ③私が好きな「カラス」を英語にすると「Crow」で読み方が一緒だった

 

という、3点からこの名前に決めました。

 

性格はとってもやんちゃで甘えん坊で、お兄にゃんこのむくに遊んでほしくて、

いつもちょっかいをかけたり、互いに追いかけっこをよくしています。

勢いがとてもいいので、追いかけっこの最中に転ぶこともしばしば。

また、高い所に登ったり飛び降りたりするのを見て、

本来、外の世界には無いつるつるの硬いフローリングは想像以上に実は足腰に負担があるのでは…?

調べてみました!

ありました!ペット向けの床!!

 

調べてみると、「傷がつきにくい」「汚れが付きにくい」「防臭効果」など、

ありがたい性能があるだけでなく、床暖房にも対応した床材もあり、

常に素足状態の猫ちゃんワンちゃんに優しい!

今回は「タイル」「フローリング」「クッションフロア」の3つをご紹介!

 

【タイル】

LIXILのペット対応タイルの特徴は「滑りに強く、傷・汚れ・臭いが付きにくく、床暖房に対応」。

デザインは木目や石目タイルの8種類あり、さらにそれぞれに色の種類もあるため、

今の住宅に合うデザインの物が選びやすい!

猫ちゃんのいる家庭でも使えますが、どちらかというとワンちゃんの為のリフォームに向いています。

 

【フローリング】

DAIKENのペット対応フローリングの特徴は「滑り・変色・傷に強く、汚れが付きにくい」。

よだれやおしっこによる床の変色を防げるので、床の美しさを長持ち出来ます!

しかし、こちらもクッション性はない為、どちらかというとワンちゃん向き。

 

【クッションフロア】

クッションフロアの特徴は「クッション性があり、滑り・汚れに強い」。

ビニール製のシート状の床材なので、水拭きができお手入れも簡単。

またクッション性があるので、上下の動きがある猫ちゃん足腰への負担の軽減、

高い所から飛び降りた時の足音も抑えることが出来ます。猫ちゃんにもワンちゃんにも向いています!

ただ、爪が尖っていると表面が傷つきやすいので注意。

 

これらに加えて、ラグなどの敷物をしてあげると、なお良し!
元気いっぱいの今から、老猫になって足腰が弱くなってもずっと安心して過ごせます。

 

これで将来の猫ちゃんファーストの家の計画に1歩近づきました。

が、まだまだ調査を続けていきます!

みなさまの猫ちゃんとの生活で何か気になる点がございましたら、ぜひお聞かせください!
全力でお調べいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です